スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマPART-1 宿泊施設編

思い起こせば、17~18年程前になるのでしょうか?

妻と子供のお誕生日旅行と題して、関西の有名温泉地に1泊2食付きで 旅行をしたときの出来事です。

古い話ですが、数々の宿を利用した中でも「ダントツのワースト1」で、 長い月日が経っても、今でも夫婦の笑い話となる宿です。




今だから笑えるのですが、実は、宿泊当日、「悲しい、情けない、家に帰りたい」そんな気持ちで、妻は早く夜が明けるのを祈っておりました。

私は、何事も経験だと思い、朝が来るまで頑張り続けた時の話です。




<<勘違い その1>>

大手旅行代理店の企画商品で1泊2食付きが「1万円」ぽっきり! 当時としては、びっくり低価格でした。

平日の梅雨の時期の宿泊(閑散期)なので、そんな価格でも 「大丈夫だろう!」という、期待を込めて決定!



<<勘違い その2>>

我が家が選択した宿泊施設は、数百メートル先にある、その地区でも 「上級ランク」に属するホテルの系列店で、以前、そこに宿泊をした時は、 「さすがに金額も高いけど、ここまでのサービスと雰囲気を演出するのか!」
と感心させられる宿でした。

そんな宿の同系列なので、「大丈夫だろう!」という期待を込めて決定!




【その結果・・・・・うっ!わお~!そんなのあり~!???】



2つの「大丈夫だろう!」が最悪の結果を招いてしまいました。



  ○ チェックイン時・・・・・決められたチャックイン時間を過ぎて到着したにもかかわらず、「本日定休日?」と思ったぐらい、館内は真っ暗!で私達の到着に慌てて、電気を点けてくれました。




いや~な予感!




 ○ お部屋に案内される・・・エレベーターに案内され、高層階へ!何階だったかは、記憶にないのですが、

    階層ボタンの一番上を係の人が押しました。



   妻に「最上階やで!凄いな~。」と耳打ちしました。



   実は、これが地獄への入り口でした。そして、予想通り、降りてびっくり!



 ○ 地獄生活の始まり~・・・エレベーターが止まり、扉があくと、



   そこは、な!な!なんと!「ボイラー室」でした。



   係の人から、「お気を付け下さいね~」と言われ、ボイラー室の隅にある、鉄の階段を上がるとそこが、私達の「地獄部屋」でした。さすがに最上階ともあって、眺望は最高です。おまけにバルコニー付きです。綺麗な海が見え、バルコニーに出ると風が心地よく!

   「これなら、ボイラー室の片隅でもいいか!」と自分に言い聞かせ、いろいろな案内を聞き、お部屋は自分たちだけになりました。!




そろそろ気づかねば!人が良すぎるぞ




よ~く考えると、私達の部屋は、大浴場の真上でした。 大浴場のから湿気と熱気に加え、 すぐ横にあるボライーの音、エアコンを付けても、機能していないかと思う程
の「熱と湿気」です。 まさに、「地獄」です。部屋の交換にも、「本日は全室満室です。」という 返答でどうする事も出来ません。

部屋にいても「苦しい」だけで、食事時間まで出かける事にしました。




 ===この間の夫婦の会話は省略しますね。想像してみて下さい。===




○ せめて食事くらいは「大丈夫だろう!」とまだ、大きな期待を込めております。同系列店の食事は、美味しくいただきましたので、お腹一杯食べよう!と意気込み、食事会場へ。

ほぉ~。ここでも「舞踊ショー」が同系列店と同じ様にあるんだ~。と思っていると、それは、何と!同系列店での「ショー本番」のための「リハーサル」だったのです。

衣装、化粧、音響、舞台など全てがお粗末で「何で、わざわざ、食事の時にするの?」って感じです。そして、リハーサル終了時に演劇者が言いました。




(正確な言葉は覚えておりませんが、こんな意味が含んでおりました。)

「ちゃんとしたショーを見たければ、上級グレードの同系列に来て、お金を払って見に来い!」っと判断力の鈍った私の頭はそう理解したのを覚えております。




そして、肝心の食事は、「熱い物は、冷たく」「冷たい物は、生温かく」でした。 お客様が「やけど」や「お腹を壊さない」様に、この宿泊施設からのお客様への最大の配慮だったのでしょうね。
この先は、よく覚えていないのですが、夜が明けて、逃げる様にしてチェック アウトをした事だけは今なお鮮明に記憶残っております。




<<その後のこの宿泊施設>>



それから、しばらくして、この宿泊施設が大火に包まれている映像をニュースで見ました。

数時間に渡り燃え続け、全焼してしまいしたが、現在は、同じ場所に、新しく 建設され、名前も変えずに数年前から営業を再開されております。




<<今となって>>



私の身勝手な「大きな期待」と「勘違い」の連続の旅でした。 これだけのいろんな体験を「1万円ぽっきり」でさせていただいたお陰で、今では、宿泊施設の選択を間違う事はなくなりましたが、しかし、正直、この体験が「トラウマ」となり、チェックインするまでは、最悪のケースを想像
したりしてしまいます。





これから旅行を計画される方は、宿泊金額と目的があっているかを

良く検討して下さいね。

では、快適で楽しい旅をお祈り申し上げます。




この記事は、別ブログでも紹介をさせていただいております。   

現在、そちらのサイトからの移転作業も同時に進めております関係で、すでにご一読いただいた方もおられると思います。一部、追記・誤字訂正もしておりますのでご了承下さい。

スポンサーサイト
カテゴリ
最近の記事
ただ今の時刻
時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ内検索
Twitterタイムライン

Twitterにて更新情報をお届けします。フォローをお願いします。

しごと旅管理人

しごと旅管理人


ご挨拶:【しごと旅管理人】

毎日を「愉快に楽しく生活する」を
モットーに日夜、勉強に遊びの
計画に忙しい毎日。

おっと!仕事は?????
それはそれなりに○○に
頑張っていますよ~~。

老後の夢実現のために
おっさんは行く!
北へ南へ。。。
そして
世界と戦う!!!

最新のご来場状況
総閲覧ページ数:
ただ今のご入場者数:
iPhone・iPad・スマホ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。